プラクティショナーはnlp活用上級者|nlpを活用するコツを学ぶ

しっかり勉強すること

勉強する男性

易しい資格ではない

危険物乙4は年間30万人程度が受験申込をするほど非常に人気の高い国家資格です。易しいと思う方が多いようですが、実際の合格率は30%程度です。これは、しっかりと対策を行っていない受験生が比較的多いからと考えられています。また、危険物乙4の資格は文系と理系で差が出やすい試験内容です。なぜなら、基礎的な物理学及び基礎的な化学という理系に有利な内容が試験範囲に含まれているからです。したがって、文系の方にとってはこの分野をしっかり勉強しなければ、合格は難しくなるでしょう。逆に、理系の方にとってはこの分野の問題は常識であったりします。ですが、逆を言えば、基本書でしっかり学び過去問や問題集をしっかりこなせば一発合格は十分に可能な資格です。

就職や待遇でメリット

危険物乙種の資格は合計で6種類あります。その中でも危険物乙4は、引火性のある液体に関して問われるものです。つまり合格者は、ガソリンや灯油、エタノールなどを取り扱う専門家として評価されます。そして、危険物乙4を取得するメリットは、求職の際に有利になることや待遇が有利になる点です。求職面ではガソリンスタンド、タンクローリーの運転手、工場勤務ではこの資格が応募要件になっていることも少なくありません。待遇面では資格手当がついたり、バイトで時給が上がるなど給与アップにつながることが挙げられます。加えて、その信頼性から責任あるポジションを任されることもあります。男性向けの資格と思われる方が多いのが実情ですが、その分女性の資格取得者は貴重な存在になります。男女問わず、取得しておいて損はない資格です。