プラクティショナーはnlp活用上級者|nlpを活用するコツを学ぶ

知的財産を自分から勉強

勉強

結構身近な知的財産

知的財産は略して知財は発明者や創作によって埋めだされる財産で、いわゆる特許権や商標権などを指します。この知財のセミナーは私たちの生活にも役立つことがたくさんあります。例えば最近はSNSなどで一般人も多くのことを世界に発信することができますが、知らずに知財を侵害してしまったりします。その際に賠償請求問題になってしまっては大変です。また自分が趣味でアップした写真や動画を無断で使われていたら困ります。そんなときの対処法なども教えてもらえます。セミナーでは多くのことを勉強させてもらえますが、無料のものもありますし、商工会議所のような公的な場所で行われているものもあります。経済学部のある大学などで行われているものもあるので、身近な場所で行われているものになってきています。

どんどん関心強まる

今後はTPPの参加によって知財の扱われ方がかわってくることや、オリンピックのエンブレム問題で商標登録が問題になったことなどから知財への関心が強まってきています。それに伴いセミナーの数も増えてきています。そんなセミナーを活用しないのは大変もったいないです。基礎のセミナーだけでも大変勉強になりますし、セミナーがどんどん一般的に身近になってくると思われます。また同時に相談会なども行われることが多いので、自分が不安になっていることや気になることがあれば一緒に相談することもできます。このようなセミナーを有効活用し、知財を知らずに侵害しないために、自分の知財を守るために自分から勉強していくことをおすすめします。